Photo : Dresden

山本まり子 

Semperoper, Dresden 山本撮影、2011/09/01
Semperoper, Dresden 山本撮影、2011/09/01

・聖徳大学音楽学部、同大学院音楽文化研究科教授。音楽総合学科音楽指導コース主任。 

・聖徳大学オープンアカデミー(SOA)音楽研究センター長。

・早稲田大学総合研究機構「オペラ/音楽劇研究所」招聘研究員。

・NPO法人 日本声楽家協会理事。

(2017年4月1日現在) 

 

◆担当科目 (2017年4月1日現在)

平成29年度担当科目 (2017年4月1日現在)

西洋音楽史概説/声楽史Ⅰ・Ⅱ/音楽文化概論/音楽美学/現代社会における音楽I/音楽と社会(音楽キャリア教育Ⅰ)/音楽基礎研究IV/卒業研究/課題研究(博士前期)/文献原典研究(博士後期)

 

Gustav Mahler, Hamburgische Staatsoper 山本撮影、2011/09/01
Gustav Mahler, Hamburgische Staatsoper 山本撮影、2011/09/01

◆専門分野・研究内容(2017年4月1日現在)

 

音楽学(18~20世紀のヨーロッパ音楽、特にドイツ語圏の声楽作品の研究)

 

【研究テーマ】 

▽グスタフ・マーラーの作品研究(個人研究)

▽ロマン主義オペラの研究

  ☆早稲田大学総合研究機構 オペラ/音楽劇研究所招聘研究員

 

Musikwissenschaftliches Institut der Universität Hamburg (山本撮影、2008年)
Musikwissenschaftliches Institut der Universität Hamburg (山本撮影、2008年)

◆略 歴 (2017年8月4日現在)

 

国立音楽大学音楽学部声楽学科卒業。

お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程(演奏学)修了。

同大学院人間文化研究科博士課程(音楽学)単位修得満期退学。

1992~1993年、DAAD(ドイツ学術交流会)給費留学生として、ハンブルク大学音楽学研究所(Universität Hamburg,  Musikwissenschaftliches Institut)に留学。

博士(人文科学)[お茶の水女子大学] 。

 

東京学芸大学附属高等学校非常勤講師、お茶の水女子大学非常勤講師、東京学芸大学非常勤講師などを経て、2004年聖徳大学に着任。

 

現在、聖徳大学音楽学部(音楽総合学科 音楽指導コース主任)および同大学院音楽文化研究科教授。

2009年4月より 聖徳大学オープン・アカデミー(SOA)音楽研究センター センター長を兼務。

2011年4月より 早稲田大学総合研究機構オペラ/音楽劇研究所招聘研究員。

2014年8月より NPO法人 日本声楽家協会理事。

 

日本音楽学会日本音楽教育学会日本独文学会日本ヘンデル協会ピティナ(一般社団法人全日本ピアノ指導者協会)国際グスタフ・マーラー協会、お茶の水音楽研究会、グリムと民間伝承研究会 各会員。

 

 

◆最近の主な活動  (2017年7月17日現在)  *2016年度活動トピックス

 

1.著書

 

・2017『キーワードで読む オペラ/音楽劇 研究ハンドブック』(共著)丸本隆ほか編、アルテスパブリッシング.

 

・2014『ヴァーグナーの舞台作品におけるドラマ性』(共著)稲田隆之編、日本独文学会研究叢書105.

 

・2014『グリム童話とドイツ伝承文学における父親像と母親像』(共著)野口芳子編、日本独文学会研究叢書102.

 

・2013『超域する異界』(共著)大野寿子編、勉誠出版.

 

2.編集協力

・2015『6か国語音楽用語辞典』久保田慶一監修、音楽之友社.

 

3.論文

  

・2010「グスタフ・マーラーと伝承文芸」『聖徳大学研究紀要』第20号(単著):65-72. (⇒山本別サイトへ。PDFあり)

 

・2010「ドイツ・ロマン主義オペラにみる魔力の系譜---「自然」と「超自然」の構図から---」『音楽文化研究』第9号(単著):51-56. [PDF]

 

・2009「魔女から見たオペラ《ヘンゼルとグレーテル》」『聖徳大学研究紀要』第19号(単著):49-56.(山本別サイトへ。PDFあり)

 

・2009「日本のオペラ公演における「言語」と「場」について---言語の選択と上演形式の現状を手がかりに---」『音楽文化研究』第8号(共著):5-9. [PDF]

 

・2009「E.T.A.ホフマンとロルツィングのオペラ《ウンディーネ》に見る異界---キューレボルンの表現の視点から---」『音楽文化研究』第8号(単著):11-15. [PDF]

 

4.口頭発表、講演

 

・2013年9月28日「「異界」の音楽表現からみるヴァーグナーのドラマ性」『ヴァーグナーの舞台作品におけるドラマ性 Die Dramatizität in den Bühnenwerken Richard Wagners』シンポジウムIV:日本独文学会秋季研究発表会(北海道大学).

 

・2013年9月29日「『少年の魔法の角笛』に基づく音楽作品の場合」『グリム童話とドイツ伝承文学における父親像と母親像 Vater- und Mutterbild in Grimms Märchen und deutscher Überlieferungsliteratur』シンポジウムVII:日本独文学会秋季研究発表会(北海道大学).

 

・2012年10月28日「オペラにおける「ヘンゼルとグレーテル」―ジェンダーの視点から―」『グリム童話刊行200年記念シンポジウム:グリム童話とジェンダー―文字・図像・音楽にみる家族像―』(単独):武庫川女子大学主催シンポジウム.

 

・2012年9月5日「フォーレのレクイエム~その静謐な祈りと音楽~」『クラシック音楽に親しむ―東日本大震災鎮魂の気持ちをこめて「レクイエム」を歌って、コンサートの舞台へ―』(単独):北野生涯教育財団の主催、目黒区文化芸術財団共催(北野生涯教育財団ホール).

 

2012623日『クラシック音楽へようこそ!~音楽のある豊かな暮らし入門~』(単独):聖徳大学言語文化研究所主催講演会.

 

201165日「「異界」への越境の音楽表現―グスタフ・マーラーを中心に―」『「異界」へのいざない―ドイツ、日本、中国の文学・音楽から―』(単独):聖徳大学言語文化研究所第136回公開研究発表会(聖徳大学).

 

・2010年9月26日「シューベルトの《魔王》---鑑賞教材を通じて形成された作品像---」(単独):日本音楽教育学会第41回大会(埼玉大学). (山本別サイトへ。PDFあり)

 

・2010年7月28日「ロマン主義オペラにおける「魔」のキャラクター---ドイツとイタリアの比較を中心に---」(単独):早稲田大学演劇博物館グローバルCOE 2010年度第5回オペラ/音楽劇の総合的研究プロジェクト研究会(早稲田大学).

 

・2010年5月29日「グリム、ベヒシュタインからマーラー《嘆きの歌》へ---テクスト改変の起点としての作品論---」(単独):日本独文学会2010年春季研究発表会(慶應義塾大学日吉キャンパス). [⇒山本別サイトへ。要旨集PDF,  p. 20]

 

・2009年5月31日「オペラ《ヘンゼルとグレーテル》に見るもうひとつのメルヒェン---劇展開の鍵を握る魔女の視点から---」(単独):グリムと民間伝承研究会第48回例会発表(明治大学).

 

・2008年7月29日「聖徳大学が挑む2種類の《魔笛》公演---「場」と「言語」の観点からオペラ上演を考える---」(共同):早稲田大学演劇博物館グローバルCOE招待講演.

 

5.曲目解説、エッセイ、その他 

 

・2018年2月定期Aプログラム(NHK交響楽団)=「マーラー 交響曲第7番 ホ短調「夜の歌」」曲目解説 [N響HP]

 

・2017年7月「細川俊夫 《嘆き》」東京交響楽団『Symphony』2017年7月・8月号: 14.

 

・同上「マーラー 交響曲第2番 ハ短調「復活」」東京交響楽団『Symphony』2017年7月・8月号: 15-16.

 

・2017年4月「N響と私」『N響団友会 会報』第40号:39. 

 

・2017年4月「マーラー 交響曲第1番 ニ長調「巨人」NHK交響楽団 『フィルハーモニー』2017年4月号(第89巻3号):24-25. [PDF]

 

・2017年2月22・23日 N響横浜スペシャル|パーヴォ・ヤルヴィ指揮 マーラー「悲劇的」プログラムノート.[N響HP]

 

・2016年10月「紹介:広瀬大介著『楽譜でわかる クラシック音楽の歴史――古典派・ロマン派・20世紀の音楽』『音楽学』 (日本音楽学会)第62巻 2号(2016) 目次

 

・2016年9月8日 N響90周年記念特別演奏会|マーラー「一千人の交響曲」プログラム冊子曲目解説.

  

・2016年6月7日掲載 日本音楽学会東日本支部支部通信第37号傍聴記ウェブ版:秋山由依氏「東日本大震災後の復興支援における音楽活動の意義 ―仙台フィルハーモニー管弦楽団と「音楽の力による復興センター・東北」の活動を事例として―」(会員のみアクセス可)

 

・2016年5月1日(日)放映

NHK-Eテレクラシック音楽館「N響 第1829回 定期公演」

マーラー《亡き子をしのぶ歌》 歌詞字幕

 

・2016年2月「マーラー 亡き子をしのぶ歌」NHK交響楽団『フィルハーモニー』2016年2月号(第88巻2号):8. [PDF]

 

・同上【対訳】「マーラー 亡き子をしのぶ歌」同上:9-12. [PDF]

 

・2016年1月10日(日)放映 NHK Eテレ クラシック音楽館「第1820回 定期公演 Aプログラム」

マーラー/リュッケルトによる5つの歌  歌詞字幕 

 

・2015年11月「マーラー 交響曲第5番 嬰ハ短調 ─ アダージェット」NHK交響楽団『フィルハーモニー』2015年11月号(第87巻8号):14. [PDF]

 

・同上【対訳】「マーラー リュッケルトによる5つの歌」同上:17-20. [PDF]

 

・2015年10月「マーラー 交響曲第2番 ハ短調「復活」」NHK交響楽団『フィルハーモニー』2015年10月号(第87巻第7号):18-19. [PDF]

 

・2014年8-9月「音楽とともに生きる豊かな暮らし入門」『NPO法人 日本声楽家協会会報 日本の声 日本の音』Vol.30 No.3::1-2. 

 

・2013年3月「一木瑛美フルート・リサイタル」プログラムノート.

 

・2012年12月「あのメロディーが出てくる あの童話をもとにしたオペラ」 『ムジカノーヴァ』 2012年12月号:4, 10-11.

 

・2012年1月 NHK-BS字幕スーパー「マーラー リュッケルトによる5つの歌」『特選オーケストラ・ライブ』

 

201111月「フランツ・リストの作品、160年ぶりの復活世界初演―演奏とシンポジウムで「レ・プレリュード」の成立過程を検証」『MOSTLY CLASSIC(モーストリー・クラシック』Vol.17620121月号):産経新聞出版:133.

 

201111月 ドイツ語から日本語への翻訳「マーラー リュッケルトによる5つの歌」『NHK交響楽団11月定期公演プログラム』13-16.

 

・2010年12月「ヘンゼルとグレーテルの変容(4)---何を記憶しているか---」 『児童研だより』No.39:6-7. [PDF]

 

・2010年10月「「ヘンゼルとグレーテル」の魔女は女? 男?」『ひろの』(財団法人ドイツ語学文学振興会)50号:16-17. [⇒山本別サイトへ。PDFデータあり]

 

・2010年7月「ヘンゼルとグレーテルの変容(3)---お菓子から透かし見る時代と文化---」『児童研だより』No.38:6-7. [PDF]

 

・2010年3月「ヘンゼルとグレーテルの変容(2)---オペラの中の子どもたち---」『児童研だより』No.37:5. [PDF]

 

・2009年12月「ヘンゼルとグレーテルの変容(1)---母親像の変化から読み解く---」『児童研だより』No.36:7. [PDF]

 

・2008「シャイン」「シャイト」「フローベルガー」『ルネサンス バロック 音楽大系 総合解説書』作曲家・作品解説執筆(アイエムシー音楽出版).  

 

・2008『DVD 息から声へ~マリアの呼吸法~』構成・解説・指導:マリア・ヘラー・ツァンゲンファイント、監修:米山文明、日本語吹き替え訳:山本まり子(1997年発売の同名のVTRの再録)(音楽之友社).

 

 

6.講座、司会、メディア関係

 

・2017年5月17日~7月12日(全5回)

聖徳大学オープン・アカデミー(SOA)平成29年度第1期公開講座「グスタフ・マーラーの音楽世界(1)~修業時代~」講師

 

・2017年7月9日

ピティナ主催 音楽大学合同説明会プレゼンテーション担当(浜離宮朝日ホール小ホール)

 

・2017年6月11日

音楽大学・音楽学部体験フェア 聖徳大学音楽学部プレゼンテーション担当(有楽町朝日ホール)

 

・2017年4月22日 

聖徳大学オープン・アカデミー(SOA) 平成29年度オープニングセレモニー 第2部 音楽学部ミニコンサートのご案内役

 

・2017年3月4日

聖徳大学オープン・アカデミー(SOA) 震災復興企画 第2部 音楽学部ミニコンサートのご案内役

 

・2017年1月18日

聖徳大学オープン・アカデミー(SOA) 公開講座「モーツァルトの自筆譜と著名作曲家たちの自筆書簡展」特別レクチャー(2)

 

・2016年10月29日

聖徳大学オープン・アカデミー(SOA) 公開講座「モーツァルトが知らないモーツァルトの世界」

 

・2016年10月8日

聖徳大学オープン・アカデミー(SOA) 秋期公開講演会&演奏会 コーディネーターと司会

 

・2016年10月6日

聖徳大学オープン・アカデミー(SOA) 公開講座「聖徳オペラコラボ講座~《魔笛》を楽しく~」

 

・2016年9月29日

聖徳大学オープン・アカデミー(SOA) 公開講座「モーツァルトの自筆譜と著名作曲家たちの自筆書簡展」特別レクチャー

 

・2016年7月17日(日)

オープンキャンパス体験授業「モーツァルトの自筆楽譜を見ながら、どんな学びにつながるか考えよう」

 

・2016年6月19日(日)

音楽大学・音楽学部体験フェア 聖徳大学音楽学部プレゼンテーション担当(浜離宮朝日ホール)

 

・2016年4月23日(土)

聖徳大学オープン・アカデミー 熊本地震被災者支援チャリティコンサート「虹の向こうに」司会

 

・2016年3月6日(日)

震災復興企画 第2部ミニコンサート「心に刻みたい 東北生まれの詩(うた)」司会

 

 ・2015年12月11日(金)

NHK-FM 「オペラ・ファンタスティカ」パーソナリティ

フンパーディンク《ヘンゼルとグレーテル》ほか

 

・2015年11月29日(日)

聖徳大学音楽学部オープンキャンパスコンサート 司会

 

・2015年11月14日(土)18:00~20:15 

NHK-FM 「N響演奏会」ゲスト解説

 

・2015年10月17日 

聖徳大学オープン・アカデミー(SOA) 秋期公開講演会&演奏会 司会

 

・2015年9月30日~10月14日 

聖徳大学オープン・アカデミー(SOA) 秋期公開講座 

「聖徳オペラコラボ講座―オペラ《蝶々夫人》を楽しもう!―」 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------

・2006『メッツラー音楽大事典』日本語デジタル版(DVD-ROM)監閲 (教育芸術社).

 

★この他の活動一覧は、こちらへ。