ハンマーは何回振り下ろされるか?:マーラー6番

 マーラーの交響曲第6番第4楽章では、巨大なハンマーが打楽器奏者によって振り下ろされる。完成当時の自筆スコアには青鉛筆で5回書き込まれたそうだが、3回に減らされて出版にいたった。現行の全集楽譜では3回目が削除され、ハンマーの登場は2回になっている。

 この回数の変遷ついては、金子健志の『こだわり派のための名曲徹底分析 マーラーの交響曲』注1)に実に詳しい記述がある。私がこれまで生で見た演奏では2回が普通であったが、今日見たバーンスタイン&ウィーン・フィルのマーラー全集DVDでは3回であった。指揮者の判断でどちらの場合もあるようである。

 

★YouTube 動画

マーラー:交響曲第6番第4楽章終結部

バーンスタイン;ウィーン・フィルの演奏(マーラー全集) 

→この動画では、2分02秒のところで、3回目のハンマーが打ち下ろされる。

 

 それにしてもこのハンマー、奏者がステージ上で振りかざした時はドキドキするが、このところ、トンとお目にかかる機会がない。久しぶりにコンサートで見てみたいものである。

 ※注は「続きを読む」をクリックしてください。 

注1)

金子健志著『マーラーの交響曲 (こだわり派のための名曲徹底分析) 』

音楽之友社、1994年 ※絶版です。

                            > このページのトップに戻る

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

2017年10月18日更新